医師

肝臓がんに気をつけよう|発見が難しい病気の特徴

比較的治りやすい

横になる女性

肝臓は薬物や食べ物を解毒し、排泄するために最も重要な臓器です。特にダメージを受けやすいため再生能力は高いです。半分切っても数年で元に戻るとも言われています。正常な場合細胞分裂が抑えられており、肥大することはありません。また肝臓は門脈という栄養がたっぷり送られてくる血管と、冠動脈という酸素などを補給する血管が別です。肝臓がんが急激に進行するためには大量の栄養が必要です。一方正常細胞はそれほど必要ないため、肝臓がんの治療法として門脈からのエネルギー補給を立つ方法もあります。肝臓は沈黙の臓器故、早期発見は難しいです。疲れやすいや倦怠感などがありますが、年齢のせいだと誤解されることも多く、健康診断でもなかなか発見しにくいです。

健康診断で見る肝臓の項目は肝機能を見るものです。よって肝臓がんの発見には直結しません。肝臓がんは適切なマーカーを用いると血液検査で発見できます。がん検診になるため、ある程度年齢が行くと気軽に病院で検査できますが、保険適応になる有無は様々です。また肝臓がんは血液を介して全身に転移しやすいです。肝臓は大きく、門脈と全身に栄養を送る血管には距離があるため、早期に全身転移することはありませんが、増殖が速いため早期発見が重要です。今の最新医療を使えば、肝臓がんは諦めなければ、治るとも言われていますが、人間ドックを定期的に受診し、チェックすることが重要です。肝臓がんは薬物治療より外科手術で癌病変部の切除がまず行われることが多いです。

がんの新しい治療方法とは

医療ベッド

がんの治療方法といえば、外科手術や抗がん剤、放射線治療が中心ですが、最近免疫療法が注目されています。これは5つの種類がありますが、いずれも患者本人から免疫細胞を取り出し、増殖させて体内に戻すことでがんを抑え込むものです。他の療法と組み合わせることでさらなる効果も期待でき、また再発防止にも役立ちます。

もっと読む

関節に炎症がおこる

手

リウマチは、免疫システムの異常で、関節や筋肉に炎症がおこる病気です。世田谷などの専門病院では、関節の炎症や破壊といった症状を、食い止める治療が行われています。関節へ負担をかけると、悪化しやすいため、関節の負担を減らすと、悪化を防げます。

もっと読む

リスクの少ない生活を

頭を押さえる女性

脳腫瘍は、普段の生活を見直す事でリスクを減らせる可能性が高くなります。食生活や喫煙など、意識して予防に役立てましょう。症状としては早朝の頭痛や吐き気などです。少しでも脳に違和感を感じたら、脳神経外科で専門的な検査を行い、早めに対処するようにしましょう。

もっと読む