ナース

肝臓がんに気をつけよう|発見が難しい病気の特徴

関節に炎症がおこる

手

免疫システムの異常

リウマチ性疾患の特徴は、関節や筋肉などに炎症が起こり、腫れと痛みを伴うことです。その中でも、関節の炎症や関節の変形が起こる症状を、関節リウマチといいます。関節リウマチは、特に手足の指や手首などに起こりやすく、左右対称で症状があらわれるのが特徴です。リウマチは、世田谷など全国で女性の方が発症しやすい特徴があり、30歳から50歳にかけて発症する場合が多くなっています。リウマチを発症する原因は体内の免疫システムの異常で、15歳以下でも若年性関節リウマチを発症する場合もあります。リウマチの原因ははっきり解明されていない部分も多く、根本的な治療法が確立されていないため、世田谷などの病院では、症状の進行を抑える治療が中心となります。

関節への負担を減らす

リウマチは、症状がゆっくり進行していくタイプと急激に進行するタイプがあります。症状が全身に広がっていく場合もあり、早期発見をして、世田谷などの専門病院で治療を受けることが大切です。世田谷などにある専門病院で適切な治療を行えば、症状の進行を食い止めることができ、関節の変形などを避けることができます。リウマチによる関節の炎症は、関節へ負担をかけると悪化しやすくなるので、普段から日常の動作で、患部への負担を減らすようにすると、症状の悪化を防ぐことができます。例えば、物を持つときに両手で持つと、指や腕の関節への負担を減らすことができます。また座り方にも工夫が必要で、正座は膝と足首に負担になるため、椅子に座るようにすると負担が少なくなります。