ナース

肝臓がんに気をつけよう|発見が難しい病気の特徴

リスクの少ない生活を

頭を押さえる女性

日頃の生活を見直す

現在は情報社会で、パソコンを使っての作業やデスクワークなどが多い環境です。これらの行動は、大きな病気を引き起こす可能性があるので注意しましょう。脳に腫瘍が出来る「脳腫瘍」は、明確な原因が見つかっていないのが現状です。しかし、一般的にはストレスや食生活、液晶画面などを長時間見続けるといった生活習慣が問題とされています。脳腫瘍に限らず、病気を防ぐためにはリスクの少ない生活を心がける事が大切です。普段の食事で、脂っこく脂質が多いもの、高タンパク質の食事を取っている場合は、脳腫瘍を引き起こす確率が高くなるため注意が必要です。ビタミンやミネラルなど栄養を意識して、野菜を中心にした食事に改善しましょう。また喫煙習慣のある方も要注意です。煙草は肝臓に負担をかけるのでガンの可能性が高くなると言われています。脳腫瘍にも繋がる事が考えられるので、本数を抑えるか出来れば禁煙をおすすめします。

検査を受ける

脳腫瘍は専門機関での検査が必須です。脳神経外科での検査は、「CT」や「MRI検査」など行い、どんな腫瘍がどこに出来ているかを調べます。場所や腫瘍の種類によって、その後の治療のために必要なホルモン検査や視野検査などを行い、適切な治療を始めます。脳腫瘍は軽い段階での症状が「朝の頭痛」という区別が難しいものなので、早い段階で見つける事が大切です。少しでも頭に異常が感じられたら、専門機関で診断してもらいましょう。また、成人の脳腫瘍は、突発的な「てんかん」の発作が見られるため注意が必要です。脳腫瘍は酷くなると、麻痺や感覚障害などを引き起こす恐ろしい病気です。原因は分かっていませんが、発生するリスクを防ぐ生活習慣が大切です。日頃から意識して、健康的に過ごす事が予防に繋がります。